活動レポート4~ ベトナムにおける障害者の自立のための職業教育訓練事業支援の取組み

活動レポート4~ ベトナムにおける障害者の自立のための職業教育訓練事業支援の取組み

ベトナム政府の発表によると障害者が約600万人(内300万人は枯葉剤被害による障害者と推定されている)いるが、職業訓練を受けた者は数%とみられ、それも原因の一つとして障害者の未就労者は3割近く居り、本人はもとよりその家族も貧困にあえいでいる。ベトナム政府としては、この問題を重視し政府の方針として枯葉剤被害者協会を立ち上げ、その実態調査を進めると共に、障害度合いの認定を行い一定の人々に対して給付金の支給を行っている。その中で重要な課題として障害者に対して職業教育を行い自立を援助することが浮上している。

本会の会員の多数は長年にわたってベトナムにおける障害者教育の立ち上げに携わり、一定の貢献をしてきた。その中で2017年3月、ベトナムにおける枯葉剤被害者への医療に大きな貢献をしてきたファン博士とタン医師が来日された。両名はいいずれも枯葉剤被害者として世界的に有名な双子の結合児であつたベト・ドク兄弟の主治医を務めて来た医師である。両名の参加の下、3月26日、京都において医師などの医療従事者を中心に)枯葉剤被害問題のシンポジウムを開催した(60数名の参加)。その中で両名から、ホーチン市の郊外に枯葉剤被害者を中心に障害者を対象とした医療・リハビリテーション、職業教育、療育の総合施設の建設計画が明らかにされ日本からの協力が訴えられた。

シンポジウム後、両名と藤本文朗(ベトちゃんドクちゃんの発達を願う会代表として40年に渡ってベトナムの障害者の支援を取り組んできた滋賀大学名誉教授)と尾崎望医師(看護師、理学療法士などとともにタイニン省に入り16年に渡って治療・リハビリテーションに携わって来た)、鈴木元(本会理事長で、2003年から2013年に渡ってベトナム教育訓練省に協力しJICAの支援も受け障害児教育担当教員養成講座にかかわって来た)の3名が相談し、ラ日本側としてオレンジ村構想の中の重要課題である障害者に対する職業教育分野の立ち上げに協力することにした。

「今、ベトナム戦争の枯葉剤被害者と平和教育を考える。」シンポジウムで左・ファン博士、右・タン医師

藤本文朗さんへのベトナム側からの感謝の贈り物贈呈

藤本文朗さんへのベトナム側からの感謝の贈り物贈呈シンポジウムで左・ファン博士、右・タン医師

ファン博士と鈴木代表

ファン博士と鈴木代表